【映画】天然コケッコー

昨晩は、ひと作業終えて映画鑑賞へ。

まずは渋谷のティーヌン(タイ料理/ラーメン店)でトムヤムクンラーメンと豚の炒め物ライスで腹ごしらえ。ティーヌンはこの三年くらいよく通ってる。同時にそこかしこに支店も急に増えている人気店。満腹。満足。もうタイ料理で良い気がする。

さて、いざシネアミューズ。
公開終了が迫る『天然コケッコー』をレイトショウにて鑑賞。

山陰の山と海が美しい村。物語は中学二年の主人公そよ(夏帆)が通う小さな学校に東京からイケメンの同級生が転校して来るところからはじまる。

以前にこのブログで書いた『リンダ・リンダ・リンダ』の山下敦弘監督、元リハウスガールの夏帆主演。嫌いな訳が無い。

素朴な山と海とあの年頃の少女と少年が放つ美しさにすっかり魅せられる。夏帆の横顔が本当に奇麗。美しく窮屈な村。十代の危うさと曖昧さ。そんな物語が美しい映像に淡々と綴られてゆく。キャスティングも良い。そよの父親役の佐藤浩市の怖い演技が秀逸。大好きだ。

エンドロールに見入っていたら、昔、自宅の暗室を使って頂いていた写真家さんの名前を見つける。映画のパンフレットで彼女の撮った写真を見たけど本編同様美しいかった。かなり活躍されているという噂は聞いていたけど、こういうところで再会出来るのは嬉しいのが半分、羨ましいのが半分。

色眼鏡ではなくお薦めの映画です。

yuji at 2007 09/17 00:36:30

Trackback

トラックバックURL:
http://yz-works.com/apps/mtos/mt-tb.cgi/542

Comment

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。