【映画】天然コケッコー

昨晩は、ひと作業終えて映画鑑賞へ。

まずは渋谷のティーヌン(タイ料理/ラーメン店)でトムヤムクンラーメンと豚の炒め物ライスで腹ごしらえ。ティーヌンはこの三年くらいよく通ってる。同時にそこかしこに支店も急に増えている人気店。満腹。満足。もうタイ料理で良い気がする。

さて、いざシネアミューズ。
公開終了が迫る『天然コケッコー』をレイトショウにて鑑賞。

山陰の山と海が美しい村。物語は中学二年の主人公そよ(夏帆)が通う小さな学校に東京からイケメンの同級生が転校して来るところからはじまる。

以前にこのブログで書いた『リンダ・リンダ・リンダ』の山下敦弘監督、元リハウスガールの夏帆主演。嫌いな訳が無い。

素朴な山と海とあの年頃の少女と少年が放つ美しさにすっかり魅せられる。夏帆の横顔が本当に奇麗。美しく窮屈な村。十代の危うさと曖昧さ。そんな物語が美しい映像に淡々と綴られてゆく。キャスティングも良い。そよの父親役の佐藤浩市の怖い演技が秀逸。大好きだ。

エンドロールに見入っていたら、昔、自宅の暗室を使って頂いていた写真家さんの名前を見つける。映画のパンフレットで彼女の撮った写真を見たけど本編同様美しいかった。かなり活躍されているという噂は聞いていたけど、こういうところで再会出来るのは嬉しいのが半分、羨ましいのが半分。

色眼鏡ではなくお薦めの映画です。

yuji at 2007 09/17 00:36:30

【日記】建築の記録

strong-building.jpg縁があって解体前の古い建築を記録する作業に携われた。それは近代建築を愛する僕にとって願っても無い仕事であり、楽しさと辛さと悩ましさと悲しさの入り交じるものとなった。

これまで回って来た仕事は、いずれも新築物件の撮影で、新しく建つ建物は向こう数十年利用保存される訳で、記録性というよりも新しく建てた記念性の向きとなり、細部よりも美しく見える所を押さえる点が肝要であった。ポイントをきっちり押さえれば撮影も終わりとなる。

しかし解体前の記録作業とあらば、引きの絵が撮れたら、寄り、そしてさらに一歩寄るという細部への追求はどこまで突き詰めても終わりの無い果てしない作業で、与えられた六日間は、時間の許す限り、昼夜を問わずにビルに張り付いて記録をし続けることになった。

デジタル時代の写真表現はつまらなくなったけれど、ドキュメント性こそ現在の写真に残された聖域。それを遺憾なく発揮できたかというとやっぱり疑問に当たる。あれも撮れば良かったなんていつも思うこと。だから撮り続ける。時間が許す限り。

数多ある、そして確実に消えつつある近代建築を記録する作業は一体どんな人がやっているんだろうかと疑問に思う。拝金主義のコマーシャルカメラマンより研究者タイプの建築カメラマンが常に携わっていると願いたい。

いずれ公開する機会があればまたご案内しますね。

yuji at 2007 09/07 16:02:29

【日記】ストロベリーフィールズ。

ichigo.jpg早春、甲斐性無しのみんなで温泉行った時に寄ったイチゴ狩りの受付に、お一つ如何と奇麗に並べられた練乳をお一つ買おうとしたら、店主に「うちのイチゴは甘いから必要ない」と断られたっけ。昨日マンゴー味のかき氷食いながら思い出した。

yuji at 2007 08/20 11:35:51

【日記】星降る陣馬高原

仕事を終えた友人を連れ、細くて頼りない山道、陣馬街道をひた走る。数年ぶりに訪れた陣馬高原には先客がいっぱい。永世傷心の二人と一緒にペルセウス座流星群鑑賞。人里から離れた暗い高原は絶好の場所でした。

yuji at 2007 08/14 19:48:24

【日記】コルビジェ、エスプリ、六本木ヒルズ

江戸東京たてもの園の前川國男邸の中に居た、ボランティアガイドのおじさんの熱弁に背中を押され、森美術館で開催中のル・コルビジェ展に行く。

コルビジェについては大学時代にデザインに関する講義の中で習った程度。知らなすぎて、かなり新鮮な刺激となった。

会場に入るとすぐコルビジェが日課として描いていた多数のデッサンや油絵が展示されいる。これらはピカソなどで知られるキュビズムに端を発していると言うが、後にコルビジェらはピュリスム(純粋主義)と呼ぶ、より単純化した画法を提唱したそうだ。同じ頃にドイツにおける近代建築の礎、バウハウスではロシア構成主義に影響を受けていたというのは対照的と言えようか。

そして展示は、サヴォワ邸をはじめ、多数の建築模型とデッサン、CGや実写映像、アトリエのレプリカへと続く。コルビジェのフォルムは美しく、気持ちがいい。コルビジェの設計したソファに座れば分かる。コルビジェの時代は、古典とモダンが対立した時代。モダニズム建築に求められたのは、人間、場所、歴史との調和なんだろうと肌で感じた。人間のスケールを大事にしたコルビジェのエスプリとは、それに対する一つの解なんだと思う。良い展覧会だった。

崇高なコルビジェの世界にどっぷり浸って美術館を出れば、六本木ヒルズ。皮肉めいたメッセージを感じたのは僕だけじゃないよね。

yuji at 2007 08/13 15:07:10

【音楽】『片手にピストル 心に花束』

昨日、希代の作詞家、阿久悠さんが亡くなられました。

沢田研二、フィンガーファイブの数々の名曲を作詞されたとあって、非常に好きな作詞家でありました。ジュリーの『時の過ぎ行くままに』が好き。フィンガーファイブの『学園天国』や『恋のダイヤル6700』も好き。河島英五の『時代遅れ』も好き。ロック、ポップス、そして演歌とジャンルを問わずに数々の曲を書かれたことは周知のこと。作詞家という肩書きにあってこれほどポピュラーな人はもう後世、出てくることもないでしょう。昭和歌謡の最高の一時代を築いてくれました。

昭和歌謡界の名匠のご冥福をお祈りしつつ今日はジュリーからそこはかとなく切ない阿久悠ワールドに浸りたいと思います。

yuji at 2007 08/02 14:27:44

【乗り物】GB400TT MK2

gb400mkII.jpg以前から憧れていた一台に乗り換えました。
85年式ホンダGB400TT MK2

レーサーレプリカが全盛期を迎えようとしている折、相反してトラッドなスタイルで売り出されたGB400TT(TouristTrophy)。このTTの名は、ホンダの原点とも言うべき、60年代に数々の輝かしい記録を打ち立てるマン島TTレースの名前からつけられている。それだけホンダが丹誠込めた一台であることが伺える。

伝統的な空冷単気筒エンジンとイギリスのクラシックバイクを踏襲したデザインは80年代の未来志向なデザインとは逆行する挑戦的なものだったのだと思う。マン島TTレースを彷彿させる大型のロケットカウルをつけて売り出されたのが今回購入したMK2。他に上位モデルとして500CCエンジンのGB500TTなども投入される。

その後、NSRなどのレーサーレプリカの爆発的な人気に押され、MK2を含め、GB400および500シリーズは数年で市場から姿を消してしまう。中でもMK2は販売台数が少ない貴重なバイク。ホンダ車においてはクラシックスポーツを極めた究極の一台だと思う。僕は未だ街で走っているところを他に見かけたことが無い。

20年以上経ったバイクのコンディションは上々。スポークまで奇麗に磨き上げられている。
売って頂いた方は、たまたま仕事を通じて知り合えたデザイン会社のKさん。バイクには並々ならぬ愛情と情熱を持った方です。

先月、撮影でオフィスにお邪魔した折に出会い、ほんの数分の間、建築について立ち話して意気投合。後日、誘われるがままにご自宅に伺ったところ、偶然このバイクのオーナーであることを伺いました。

たまたま乗る人を探していたそうで本当に貴重なバイクに関わらず、お譲りしますよ、の有り難い一言にすぐに決めました。これはもう運命。貴重な一台だけに、うっとりしながら大事に大事に乗り続けるばかりです。

yuji at 2007 07/28 12:35:28

【映画】ゆれる

先月末ぐらいかな、映画館に行く約束も腹が下ったので却下。
アウェイで二時間は耐えられない。
代わりに渋谷のツタヤで『ゆれる』を借りて鑑賞。

極簡単に書くと、上京して成功したカメラマンの弟(オダギリジョー)と田舎に残って父のGSを手伝う兄(香川照之) との葛藤や確執を描いている映画、以下所感。

僕はオダギリジョーが好きだなぁってことを確認。
映画は監督で選ぶ口ですが、日本の俳優界にあって、オダギリは別格だね。
オダギリが出てるとちょっと見てみたい。そんな役者。

東京タワーでもハッセル使ってたけど、情熱大陸でもぶら下げてた。
オダギリはプライベートでもハッセルブラッド(カメラね)使ってるんだね。
カメラの扱い方の板についた感じが妙に納得。

なんて本編の話なんてこれっぽっちも触れてないけど面白いので見てみて。
あと真木よう子という主演女優に少し惹かれた。他の映画もチェックしてみようと思う。

yuji at 2007 07/24 01:53:53