【関心事】カラーマネージメントとか

いつの頃からかフォトショップなどでファイルを開くと見かける様になったsRGBとかAdobeRGBっていうiccプロファイルのダイアログ。意味も分からずブルブル震えながら適当にクリックしちゃってやり過ごしていた人も多いのではないかと。

cm1.png

さてファイルを開いた時に出たメッセージ、三つのうち、どれを選ぶのが適当でしょう?

きっちりマネージメントしている人からすると重要なメッセージになっているのだけれど、全員が正しい運用しないと意味をなさないのがiccプロファイル。カメラマン、ウェブ/DTPデザイナー、印刷屋など介在する全員がこのルールを把握して初めて色を正しく管理出来る訳です。

が、これらを生業にしている人でも、理解してない人は少なからずいます。(カメラマンに多い気がする。。。)誰かがプロファイルを、毎度毎度、気分で選んじゃったりすると色が有らぬ方向に転びます。

曖昧なままにはしまいと、ついついウェブなんかで情報収集してた訳ですが、デマ情報が普通にまかり通っている。真贋を見極めるのも一苦労なので一年ぐらい前に写真家向けカラーマネージメントの無料の講座にも行ってみたのですが、なぜかRAW現像のお話で、まるで知りたいことと噛み合ない。

そこで、

図解カラーマネージメント実践ルールブック-MD研究会

この本、おすすめです。

そういうことだろうなぁという少し曖昧だった理解をすっきりさせて貰いました。
内容はとにかく素晴らしい。
色に関わるいずれの職種にも響く本だと思います。(印刷機の話は読み飛ばしましたが。。。)
ただし、誤植が酷い。本当に酷い。(初版本)
せっかく熱く語ってくれているのにもったいない。
校正のやっつけ感は否めない。

それさえ見抜けないようでは、まるでカラーマネージメントの理解が甘いのだという斬新な特典だと思うことにしました。随所に疑問が湧けば大丈夫です。

さて上記の問題の答えは、強いて言えば"埋め込まれたプロファイルを使用"が無難ですが、本当のところ何にどう使うかで変わるので、正解は一つでは無い。

ということで意味の分からない人は今一度勉強してみて下さい、特にプロの方。。。

yuji at 2008 02/07 19:47:49

Trackback

トラックバックURL:
http://yz-works.com/apps/mtos/mt-tb.cgi/559

Comment

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。