【写真】Apertureのトライアルが出た

デジカメとメディアが高性能・高容量化したことで撮影の障壁がなくなりRawデータを取り扱う機会が増えてきた。

ソフト環境は長らくお粗末なままで、大量の写真データを扱うものにとって撮影後、重たい写真ファイルのセレクト作業や色調補正といった作業は本当にストレスの種でした。

それを解決する写真のポストプロダクションツール、Apple Aperture(Mac版のみ)の使い勝手がかなり気になっていたけど先日の日本語版登場に続いてついにtrial版がリリース。30日間無料で使えます。

写真をやっているMac環境の方はお試しあれ。

先に試したAdobeのLight Room日本語版の使い心地はベータ版ながらかなり良かった。こと、たくさんの写真の色調を揃える作業などにおいては、目から鱗というか、脅威のパフォーマンスを体感しました。

いずれにしてもAperture Trialの登場でようやく両方をじっくり比較して選ぶ環境が整ったのは本当にありがたい。もうカメラメーカー純正のraw現像ソフトを使う時代ではなくなったよなぁ。

yuji at 2006 11/04 22:38:46

Trackback

トラックバックURL:
http://yz-works.com/apps/mtos/mt-tb.cgi/505

Comment

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。