【写真】D3x × PC-E24mm × 青山通り

昨晩はまだ宛名を書いていない年賀状とD3xと三脚を携えて246を渋谷郵便局まで歩きました。


プラダ


AOビル

35mm一眼レフでアオリが行えるPC-Eレンズを広角から中望遠まで3本揃えた。
建築用途でもっとも頻繁に使う広角24mmの描写が極めて優秀なのに驚く。

鏡筒にアオリ機構が挟まっているために、広角レンズとしては通常よりバックフォーカスが長めで光学系に無理がありそうだと思っていたけれど心配するほどではなさそうだ。
デジカメでいつも難儀する逆光や夜景下の強い光源なども、ナノクリスタルコートの施されたレンズはそつなく描写してくれるので、実にコマーシャル向きのレンズだと思う。

撮ってだしでここまで描写してくれる。(Webに上げるためリサイズのみ行った)

数キロ徒歩でアオリ付きのカメラでスナップ的に建築が撮れるというのは実に新鮮。
ビューカメラではおよそ考えられないフットワークの軽さだ。アオリについてもAPSサイズまでのデジカメでは、イメージサークルが小さく兎角広角側が弱くて、それなりの画角のレンズでは歪みもまた大きい。なのでレンズの歪みをソフトで補正し、アオリもデジタルシフトで撮影後に直す使い方が主体であった。アオリが大きいほど画質と画角が大きく損なわれていたので記録などの用途には向かないと思っていた。

建築の撮影にここまで35mmデジタル一眼レフで迫れるというのは本当に隔世の感がある。デジタルでも出来る仕事というのが確実に増えているのだと感じました。

渋谷郵便局を過ぎて、去年、確定申告の時にお世話になったファーストキッチンで、ひたすら宛名書き。来年は年の瀬までに準備しようと思う。

yuji at 2009 01/06 15:28:41

Trackback

トラックバックURL:
http://yz-works.com/apps/mtos/mt-tb.cgi/592

Comment

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。